FFXI冒険日記
by daba_daba
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
勘違いから生まれたもの
夜10時にインしてPT募集をかけていたのに寝ヲチしてしまい、その間テルがなかったのか?
もの凄く心配だったDabadabaです。

起きたのは11時。さすがにこの時間ではもう無理だなと思い、ジュノ競売へフラフラっと行ってみるとFFを始めた頃に知り合ったフレと再会することができました。
何回かは顔合わせているけど長く喋れたのは久しぶり。『ドラクエどう?』と聞いてみると『今ランク5です』と返事が…あぁ〜ドラクエにもランク制度があるのか〜と訪ねるとどうも『ドラゴンのクエどう?』と聞き違えてしまったらしく…あ〜、いきなり『どう?』なんて聞く私も私なのですが。
〜にしても同期がもうランク5だった事を知って微妙に焦るのでした…
最近地元に帰ってない&ミッソンもこなさないといけないと思い、一旦ウィンへ帰る事にしました。

区域をアッチへコッチへドタバタしていると見覚えのないタルタルからつつかれています…
ん、誰だろう?直感でフレの倉庫キャラなのかなと思い、『○○さんですか?』とtellすると
【私は日本語が話せません】【ごめんなさい】との答え…

ぇ゛!外人さん???

名前も間違ってないみたいだし、その人はただなんとなくガルをつついていたようでした。
こちらも【ごめんなさい】〜と返信して落ちようかなと思ったそのとき、またそのタル外人さんからtellが。(うろ覚えなので細かい文章まで把握できませんでした。ログ解析ツール欲しいところだけどPS2なんだよな…)

ローマ字の日本語でその人は挨拶してきたのでそこからプチ異文化交流の始まり。
なかなかうまい具合に打ってくるので関心していると、どうやら日本語の授業を受けている方らしく、その先生は日本人らしいです。(FFを何で知ったのか気になるところ)
で、『どこから来てるの?』と聞くと『ドイツから』とのこと。おぉ、初めてジャーマンと出会った!!
『フレがUAEにいますよ』とか結構積極的に喋ってきてくれているのでこちらは必死で返信ですw
羨ましいです。日本語少々、ドイツ語&英語完璧なだんて…オマケにアラブ語まで知る事になるなんて。
そんなこんなで喋っていると今度はまた知らない名前から直tellが…
どうもさっきまでのキャラは倉庫だったらしく、メインはLv18サポありの立派な冒険者でした。
最後にフレ登録をお願いされたので断る理由もなく承諾。(これからどうなる事だろうか内心心配もしたり…)
[PR]
by daba_daba | 2004-12-15 22:48 | ヴァナ日記
<< 初オズ メルシー・ボク・マイゴニナッチ... >>