FFXI冒険日記
by daba_daba
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
【黙想】取得までカウントダウン入りました
ここ最近のヴァナはレベル上げの毎日でした。正直ネタになることが少なかったのですが
かいつまんで報告してきたいと思います。(さかのぼって書いているので内容がゴッチャになっているかも)

2/27
PTに誘われたのでカザムへ到着し、『着きました〜』と報告すると…『PT full』との返事。
……ティ〜リィ〜リリィ〜♪(ドリフコントのヲチ風)

『アタシ負けない。だってガルだもの』

別のPTに参加し、Lv26→27へ。

2/28
誘われない時間が続いてしまったので自らメンバー集めを開始。(白・黒・黒・シ・暗・侍)
始める前は前衛にターゲットが固定出来るかどうかが心配でしたが、そこはなんとかなったようです。
シーフの"ふいうち+ファストブレード"、暗黒騎士の"シャドーオブデス"が『強くて格好エェ…』と感じたPTでもありました (Lv27→28)

3/1
この日もなかなか誘われなかったのでそろそろリーダーになるしかないと思ったその時、
外人さんからPTの勧誘が入りました。しかし、3人集まったところで何故かメンバー集めをストップ。
どうやら「家族の事情で3〜7分席を外すからメンバー集めヨロ」(訳)とのこと。
リーダー権を貰い、責任を感じながらサーチ開始…検索失敗が続く…「何故こんな時にアルタナよ」

夢中で集めた結果、戦・侍・白・シ・狩・忍という編成に。不安は多少感じましたが火力でなんとかカバーし、一度も全滅することなく全員がレベルアップする結果となりました。
しかもメンバーからは『スリルがあって楽しい』との言葉が!良かったのか?そうか…(Lv28→29)
b0051085_1384856.jpg

黙想までLvが@1つとなりました。割とハイペースなここまでのレベル上げでしたが
一日も早く体験してみたかったアビリティなので本当に楽しみです。
[PR]
by daba_daba | 2005-03-01 22:37 | ヴァナ日記
<< Lv30到達…黙想の領域へ やっぱりゲーム専用機が欲しい… >>