FFXI冒険日記
by daba_daba
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バストゥークへ行く途中
今日は三国ミッションを実行する為、ウィンダスを旅立つ事にした
まず最初に行こうと思った国は前々から決めていたバストゥーク。
チョコボであっさり着いてもつまらないので船でセルビナまで、そこから徒歩で目指す事に。(実際、どっちが時間かかるのでしょうか?)

別の冒険者がひっぱってきてしまったコウモリ等に絡まれながらなんとかコンシュタット高地まで辿り着く。

すると、ある一団に遭遇した。
彼らは普段は戦闘では着る事のない『フィッシャーチュニカ』と『バガボンドチュニカ』を着用し、一匹のモンスターを次々に挑発していく…ん?もしかして
名前を見てみるとやはりそれは最近ネットで交流をはじめたCerberusBlogersの方達でした。
『ヴァナボール』というイベント内容だけはサラっと目を通していたのだけれど、集合場所をよく把握していなかったので今回は見送ろうと思っていた。ここだったのですね

偶然通りかかった感じなのでユニ(チュニカ)は持っていなかったけれど、主催者の方が『欠員が出たので参加して下さい。ユニは貸します』ということで参加してみる事に。
なにげに初めて着るバガボンドチュニカ。結構似合ってる!(SS撮ってなかった…)
しかし、参加してみたはいいのだがルールがいまいち把握していなかった為に挙動不審な動きに。足をひっぱりそうな感じだけど…ここはやるしか!
〜と思ったその時、そんな行動に輪をかけるようにネット回線が切れるという最悪の事態に。
その後、復旧を試みるものの繋がっては切れる、繋がっては切れるの繰り返し…

『まだ試合もしてないYO!!』
後半ロスタイムの選手交代、入った瞬間ホイッスル『ピッ、ピッ、ピィ〜』といった感じである。
[PR]
by daba_daba | 2004-10-29 23:49 | ヴァナ日記
<< 昨日の「ヴァナボール」続き ムダミッション >>