FFXI冒険日記
by daba_daba
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
『thx!!』と『sorry...』
カザム行きの飛空挺パス取得のため、今日はバスへ2つ目の鍵を拾いに行く
友達が快く「鍵取りツアー」に参加してくれたおかげで鉱山の箱の鍵をゲット。今回はドロップするのに時間がかからなかったがPT全員が鍵未取得だった為、もう2つ必要。

その後、PTは解散したがもう少し時間があるなと思い、レベリング&スキル上げの為にチョコボに乗りジュノへ行く。(いつの間にか称号がチョコボ調教師に…)

PT募集をかけているとさすがはジュノ、すぐにtellが入ってきた。
が、それは外国プレイヤーからの要請だった。初めての経験だったが『np』(ノープロブレム)と返ってきたので興味本位で参加してみる事に。
すでに集合場所には他のメンバーが集まっていて、全員が外国人。
リーダーは的確に連携の順番を指示している(ところで連携って何て訳せば良いんだろう)

かなり進んだのだろうか?塔のある場所まで辿り着き、狩りを開始。
黙々とカニを狩り、全員がレベルを上げていく。戦士Lv21→22へ

狩り場で全員が「眠い」と言い、そのままログアウト(!)したのには結構ビックリだったが、それ以外はまったく無問題。これからもどんどんこういうPTに参加したいと思った
b0051085_4112129.jpg


一人取り残された私は塔の中へ入り、プロマシアのOPを見てしまうのでした…(まだジラストーリー未経験だというのに)
[PR]
by daba_daba | 2004-11-05 23:00 | ヴァナ日記
<< 3つ目の鍵 ふらふらとしてたら >>