FFXI冒険日記
by daba_daba
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ハロウィンイベント その2 なかなか…
うまい事ゲットできませんね…。
運という運を使い切ってしまったのでしょうか?
本当にレアアイテムをゲットできず…だってレアだもんな、しょうがないよな。

そう、強運で思い出したけどここまで本当に運の良い出来事ばかりだったような気がする。
「白き書」ではクリアするには少し難しいLvだったにも関わらず、いつもは獣ウジャウジャの地下迷宮も完全に枯れている状態だったのでアッサリとアイテムゲット出来たし、先日のサポジョブクエストも強力な赤魔導師(様)に助けられた。

いや、まだ自分には恐ろしい位の運が残っているはず!そう信じとります。


今日はハロウィンの成果がなかったので合成(調理、裁縫)に時間をかける。最初は軽く見てた分野だけどこれが意外と馬鹿に出来ない。食事効果はレベルが増えていくと増々必要になってくるからだ。
調理スキルが素人→見習いへランクアップ。おかげで「野兎のグリル」と「ザリガニの塩ゆで」の在庫がとんでもない事に…現実ではあまり食したくない物だな〜、仏料理ではよくあるらしいけど。
[PR]
# by daba_daba | 2004-10-25 16:45 | ヴァナ日記
ハロウィーンイベント その1
23日からハロウィーンイベントが始まるというニュースが。
で、色々とレアなアイテムが手に入るというので参加してみる事にしました
ログインしてみると…つい最近目撃したBogyやらヤグやらが町中(ここウィンダスは村?)にワンサカいるじゃないですか。。

とりあえずレアアイテムが欲しいのでイベントルール通りにモンスターのNPCを探し、お菓子(果物でも可らしい)をトレード
すると殆どの確率でこんな姿等に…
b0051085_1635663.jpg

村中がモンスターだらけだったのはこのせいで、最初の頃はBogyの移動中の浮遊感がたまらないだとか色々感動があったのだけれど肝心のアイテムが手に入らないので段々イライラしてきた(苦笑)

後で知ったのだが、同じ物ばかりあげていてもダメだということに気がつき、そこから色々な甘味物を試してみると…

「パンプキンヘッドを手に入れた」のログが流れる。おぉこれが噂のカボチャ頭ですか
b0051085_1643457.jpg

似合い過ぎ…

そのあとは「ジャックのランタン」ばかりで時間がきてしまったので今日はここまで。
明日は別の地域にも行ってみたいでごわす
[PR]
# by daba_daba | 2004-10-24 17:10 | ヴァナ日記
FFXIを始めて半月
FFXIを始めたのは今から半月前。それまではとりあえずレベル上げだけを考えてやってきたのだが、これからの目標というかこのBlogを立ち上げるきっかけになる出来事があった。
ある日、レベリングに夢中になっていたときに一匹のヤグードに遭遇した
略称して『ヤグ』といわれる程、FFXIの世界では有名な方なのだが、そのヤグにも色々種類があって、魔法をかけるタイプや素手で戦う格闘タイプ、楽器を持った「詩人」タイプ(?)など様々。
その中で衝撃的に格好良かったのが「刀を持った」ヤグードだった。

う〜、刀欲しい!!
後で調べたら「侍」と呼ばれるジョブにつかないと手にする事が出来ないらしい。しかもLv30まで上げないといけないというのだ…遠いなぁ〜

そんなこんなでとにかく侍を極めてみたいという目的でこれから進めて行こうと決心。
とりあえずの目標はLv30まで上げていく事…鍛冶スキルも上げられたら最高だけど初心者にはまだ難しいジャンルだそうで。まぁ、焦らずやっていこうと思ってます
[PR]
# by daba_daba | 2004-10-24 16:02 | ヴァナ日記